2009年6月7日日曜日

09/06/07 Puente la Reina



着いた
スペインのどこかの街を2度夢に見た。銀座の画廊でそこがこのプエンテ・ラ・レイナだと知った。その夢がたーさんとゆーさんをここまで連れてきた。

でも知っています。別にその街に着いたからって何か特別なことが起きるわけではない。旅は、旅をする過程に意義がある。ってすごく月並みですが。この街にたどり着くまでのスペインカミーノの道には、いろんな国から来た人たち、いろんな自然、わんぽ、にゃんこ、虫、花、草木、苔、いろんな個性、風、暑さ、痛さ、美味しさ、くやし涙、喜び、笑い、いろんなものがありました。わあ、楽しかったなあ。

ゆーさんともいっぱい喧嘩しました。10kgの荷物をしょって、炎天下の山道を10日歩くと、たまには喧嘩しますよ。人生とおんなじなんだろうと思います。でも僕ら仲直りが得意なので心配なしです。となりでゆーさんが、「うそー。喧嘩したっけ。」と言っております。忘れるのも早いらしいですから。

目的地のサンチャゴ・デ・コンポステーラまで残り680km (ゆーさんの歩数計によると)、ゆっくり楽しもうと思います。「名前を聞いてしまうともう会えなくなる」というたーさんのジンクスが有ったのですが、どうやら2人の歩きが遅いからどんどん追い抜かれてるみたいです。「ジョ カラコル(わたしカタツムリ)」と言うとみんな笑ってくれます。

次にブログ更新できるのどの街かなあ。
日本は今深夜2時ですね。皆さん良い夢を。

2 件のコメント:

Hiromi さんのコメント...

おおお~!!この橋かぁ!
いっぱい、いっぱい、歩いて、けんかして、仲直りして、おしゃべりして、「旅」を楽しんで来てくださいね~!!

ちっくん さんのコメント...

おおー。大きい荷物背負ってるねー。旅のオトモも新しくなってるねー。写真素敵。日本で記事巡礼させていただきます。旅はまだまだ始まったばかりだけどカタツムリでがんばってね。東京は梅雨入りしたよー。